私が開院した理由

きっかけは高校時代のケガ・・・

野球1
私も多くの治療院の先生方と同じように、自分が怪我をして治療院に通ったのがこの仕事を志したキッカケです。

私は根っからの野球少年。

中学卒業後、当然のように甲子園を目指して
県内最多の出場回数を誇っていた隣町の高校へ進学をしました。

当時の練習は現在と違い、とにかく「質より量」や
「気合」という時代。

投手の練習もしていた私は、バッティングピッチャーや
ピッチング練習で毎日のように100~200球投げるのが
当たり前でした。

そんな中、練習試合で先発を任され、やる気満々で登板
しましたが、気合が空回りしコントロールを乱し途中降板・・・

そして、降板後もさらに投球練習を命じられ投げ続けた時、

「ビリッ!!」

肘に電気が流れるような強い痛みが走りました。

10mのキャッチボールも出来なくなり…


野球2初めて経験する痛み。

しかし、当時は「練習を休む」という考えのない時代。

時々治療を受けてはいましたが、痛みをごまかしながら練習を続けていました。

その結果、完全に投球フォームがおかしくなってしまい、
肘が治った後でも思うようにボールを投げることが出来ず、
最終的には、「スローイングイップス」という投球障害に
陥ってしまいました。

10m~20mの近い距離で暴投を繰り返す毎日。

指導者にはその度に怒られましたが、当の本人はどうしたら
いいのか全くわからない。

その当時は、朝が来るのが怖くなってしまったほどでした。
(今でも子供とキャッチボールをする際に影響がでます・・・)
その後、外野手として試合に出場することはできましたが、

「最初に勇気を出して休んでおけば・・・」
「あの時にきちんと治療しておけば・・・」

という気持ちは、野球部を引退した後も頭の中から離れませんでした。


治療家の道へ


高校卒業後、大学へ進学。

就職活動の時期が近づき、自分が何をしたいのか考えた時に、
高校時代の経験から

「同じ経験をする人をひとりでも少なくしたい」

と思い、治療家への道を進むことを決意しました。


仕事と学業の両立~治療院勤務時代


サッカー知人に紹介してもらった治療院で夕方まで働きながら、夜間の鍼灸学校に通う毎日がスタートしました。

帰宅は夜11時頃。クラスメイトには優秀な人が多く、テスト期間は夜中まで机に向かう毎日でした。

大変な時期でしたが、当時はまだ20代。体力も十分にありました。

自分と同じような高校球児を診させていただいたり、全国レベル
の大学サッカー部や高校女子サッカー部、高校男子バスケット
ボール部のチームに同行したり、様々な経験をさせて頂いたのも
この時期です。

その後、何とか国家試験も合格し都内の治療院での勤務を始めました。

運動部の学生やスポーツ選手が多かった以前の治療院と違い、
患者さんはほとんど一般の方の治療院。

ここでの臨床経験を積むうちに、スポーツ選手の治療に偏って
いた私の考えに、

・痛みで困っているのはスポーツ選手だけではない
・痛みで困っている人はもっとたくさんいる
・鍼灸治療は、そういう人達のためにもっと役に立てる

という変化が生まれてきました。 


やるなら地元で~そして現在も



そんな思いを抱き、2009年6月に故郷である岩手県九戸村に開院。

過疎化が進み鍼灸治療に対する認知度も低く、アクセスも決して
いい場所とは言えませんが、以前から「やるなら地元で」と考えていました。

現在は、開院当初より「身体にやさしい」治療法を取り入れ、幼児から
お年寄りの方まで様々な年代への患者さんへの治療を行っています。

治療家という仕事にゴールはありません。

プロフィール身体の悩みで苦しんでいる人が、一人でも多く楽になること。
みんなが健康で快適な毎日を過ごせるようになること。

その結果が、地域の活性化にも貢献することになります。

そのために自分の理想の治療院を目指し、何年たってもより良い治療が出来るように、そして、「本当によくなりたい人」のために日々精進しています。

健康保険は使えません

 当院では保険診療は行っていません。
 ご了承下さい。

※当院では、訪問リハビリのみ保険が適応できます。
 詳しくは「訪問リハビリ」のページをご覧下さい。

ご予約・ご相談はこちらまで

※訪問診療などで不在の時があります。メッセージをお入れ下さい。
 折り返しご連絡いたします。

 メッセージのないお電話には、折り返し連絡はいたしませんので、
 ご了承下さい。

このページの先頭へ